スタッフブログ|八ヶ岳・富士山の見える諏訪霧ヶ峰高原別荘地

Archives

別荘地の選び方 その3

こんにちは。

昨年より世界中を騒がすコロナウイルスの関係で、どこの別荘地も見学者が多く不動産会社は大忙しのようです。
特に昨年の夏前からは、稀にみる忙しさだったようです。
特に中古物件の販売が多く、ほぼ完売に近いようだったと言う別荘地もありました。
購入された多くの方は避難場所を用意しておきたいと言う理由だったそうです。
私たちも他の別荘地の中古物件などをネットで閲覧する事がありますが、下は数百万円から出している中古物件が多く、内容を見ますとある一つの共通点がございます。

売りに出ている半数以上は借地権と言う形で、土地の価格は所有権に比べますと安く、数十年経った建物につきましては評価がほとんど無いために格安での提供となるケースが多くなります。
また売りに出ている別荘の多くは土地の更新時期が近くなるため、この機会に売りに出すケースか、解体して更地にして返還するケースの二分になります。また解体費用の事を考えれば安くても良いので売れた方が良いと思われるケースが多いのも事実です。
その際に注意しなければならない事が、今までの利用頻度と過去にリフォームなどの手直しがされているかどうかです。利用頻度が低ければリフォームなどと言う事もないだろうし、換気がされていない状態ですのでかび臭かったりするわけで、そういう物件を安く購入しても直すところが多く、購入後に大きな費用が発生する事もあるで良く見ておきたいところですね。


注)ビバルデの丘では中古物件は出ておりません。

別荘地によっては下水道施設がされていない所もあります。その場合は各山荘ごとに浄化槽を設置して処理を行う事が多く、定期的に点検などを行っていく方法もございます。しかし点検などを怠ると浄化槽の機能も低下し、周囲にご迷惑をかけてしまうケースもございますので、ここも注意したいですね。
ビバルデの丘の下水処理は、諏訪市の公共下水道となっておりますので、諏訪湖湖畔にあります終末処理場にて行われておりますので、安心してお使いいただけるようになっております。

また雨水の排水につきましても、街中でも見られないような大きな側溝を設けておりますので、過去に降った大雨でも適切に処理がされて下流部へと流れていきます。

写真は中央高速の諏訪インターチェンジより2kmほどの、国道20号沿いに設置しております看板です。

次にアクセスについてですが、中央高速の諏訪インターチェンジを利用される別荘地の中で、インターチェンジより最も近い別荘地がビバルデの丘なのです。
ビバルデの丘は諏訪インターチェンジから13kmで、20~25kmの蓼科高原エリアに比べるとはるかに近く、渋滞知らずなのが良いところです。
買い物に関しましては、食料品スーパーや薬局はビバルデの丘から12~15km圏内に各5軒ほどありますので、便利な場所に位置しております。

最後になりますが、別荘を選ぶにはアクセスや周辺環境のチェックなども行っていただければ、きっと楽しく快適に過ごせる事と思いますので、参考にしていただければと思います。

移住の決め手は?(別荘地の選び方 その3)

別荘地の選び方で、皆様は何を基準にされておりますか?
中には移住を前提に探されていらっしゃる方も多いかと思われます。

移住するなら全く初めての土地(今まで知らないところ)で暮らしたいと思う方も、いらっしゃる事でしょう。
仮に数十年にわたり生活をしてきた土地を離れ、いきなり見知らぬ土地へと移り住むのは、きっとハードルが高い事でしょう。

自分の事を例にとりますと、以前は神奈川に住んでおりまして、幼少期から親に連れられて長野県には頻繁に来ておりました。山登りでは白馬村や小谷村、家族旅行では霧ケ峰高原や清里高原などにも行っておりました。

今から25年以上前ですが、スキーがきっかけで長野県小県郡長門町(現 長和町)に訪れる事がありました。
自然豊かで美しい景色が気に入って四季を通じて長和町に訪れる事が多くなりました。
スキー場の周辺には多くのペンションや別荘があり、「静かで自然豊かな環境の中で生活がしたい」と思ったのが、移住を考えるきっかけになりました。
長和町には別荘を借りて生活している知人がいた為、そこにお邪魔しながら別荘地周辺の情報なども集め、最初に訪れてから2~3年後に神奈川から長野県に移住しました。
その時に思ったことは、移住には土地勘も必要なことなんだと思いました。

何故かと言いますと、土地勘ゼロの場所にいきなり移住するよりか、1年でも良いので下調べをして移住するのとでは違うと思うのです。良く行っていました別荘地周辺にはスーパーもなく、役所や病院のある場所まで距離にして約20㎞ で、逆に茅野市へ行った方がケースもあるようなところです。また夏場ならスムーズに行けたとしても冬場の事を考えますと非常に難しい場所でもありました。
住んでいる方は普段どこまで買い物はどこに行くのだろうか?みなさん仕事はどこまで通っているのだろうか?
などと考えますとトータル的に自分には難しいと判断しました。

そんな訳で移住先は良く行っていた別荘地ではなく茅野市内に決めました。

そして引越し時期を定めその半年くらい前からは地元の人が集まるような喫茶店に何度も通い、移住するにあたって色んな相談にも乗っていただいてました。

 * 喫茶店は色んな方が出入りし、様々な情報が入る素晴らしい場所だと思います。

自分の経験と比較した時、ここビバルデの丘は他のビーナスラインエリアにあります別荘地と比べますと、市街地まで約11㎞と言う近さで、車で走れば20分弱ですので便利な方だと思います。市街地まで行かれればスーパーや病院もあり、一見不便そうに思われるお客様もいらっしゃいますが、とっても便利な場所に位置しております。
今の諏訪周辺の街を見ましても、お店の数も自分が移住してきた時の倍以上もあり、生活には困らないよう便利になっております。
また気候も温暖化のせいでか、昔に比べてもそれほど寒くないので、冬も過ごしやすいと思います。

別荘地への移住を考えていらっしゃる方の多くは、住みなれた土地を離れ、新たな土地での生活と言うのは「ワクワク感」と「ドキドキ感」と「不安感」がセットになっていることでしょう。
漠然と移住だけでは直前になって「不安感」だけが大きくなってしまう事もありますが、事前に下調べをしておくだけでもスムーズな移住が出来るかと思います。

移住を考えていらっしゃる方がいらっしゃいましたら、移住先の周辺にも目を向けて頂ければ楽しみも増す事でしょう!

今回は自分が体験した事を中心に書き出しましたが、みなさまの参考になれば幸いです。

  • 霧ヶ峰高原別荘地ビバルデの丘フォトギャラリー
  • 霧ヶ峰高原別荘地ビバルデの丘ドックラン
  • 霧ヶ峰高原別荘地ビバルデの丘,体験宿泊のご案内
  • ビバルデの丘スタッフブログ
  • 別荘周辺くらしガイド
  • ビバルデ Q&A一覧へ
  • 諏訪市のお天気
資料ご請求・体験宿泊のお申込み、お問い合わせ・ご相談も承ります。
  • 電話:0120-50-9633
  • 資料請求・お問い合せはこちら
  • 体験宿泊のお申込みはこちら

pagetop

CLOSE X

信州諏訪霧ヶ峰高原別荘地ビバルデの丘

0120-50-9633

CLOSE X