スタッフブログ|八ヶ岳・富士山の見える諏訪霧ヶ峰高原別荘地

月別アーカイブ: 2020年1月

諏訪五蔵 呑みあるき 再開

こんにちは。

暖冬と言われている今年の冬は降雪回数も数少なく、昨日はやっと降ったと言う感じの雪の量でした。しかし1月になっても気温は高めで、降る雪も湿った雪がほとんどで、かえって車の運転がしにくい雪ばかりです。

そんな中、ホットなニュースが入って来ました!

昨年は周辺の環境問題で見送りとされた『上諏訪街道 まちあるき 呑みあるき
イベントが再開される事になりました。
場所はJR上諏訪駅前から徒歩10~15分圏内にある五つの酒蔵を廻り、
郷土のおつまみとともに美酒を楽しんでみてはいかがでしょうか。

開催日・・・2020年3月28日 土曜日  13~17時
*参加にはチケットが必要となります。チケットは本日より販売開始です。
 また当日は安全を確保する為、国道の一部区間を歩行者天国にするそうです。
     詳しくは、下記の『諏訪五蔵HP』をご覧下さいませ。
 http://nomiaruki.com/

 

~2つの日本アルプスが見える土地~

こんにちは。

なかなか冷え込まない『信州/諏訪 霧ヶ峰高原別荘地 ビバルデの丘』は、
本日も日中の気温が5℃近くもあり、異常な冬のイチニチを過ごしております。

さて、ここで「秋の丘」のおすすめ区画をご紹介します。
ここは富士山と八ヶ岳はもちろんの事、日本3大アルプスの内、2つが見える区画でもあります。

南に面した「秋の丘」は、日当りと眺望が良く、落ち着いた感じの静かなエリアに
なります。区画の前面には立木も少なく、眺望を考えた別荘建築のイメージがし易
い場所になっております。
また日当たりの良いので雪解けも早く、快適に使う事が出来るでしょう。

本日はその中の「秋の丘 I-14号地」をご紹介します。(2020/1/26撮影)
正面から見たI-14区画です。

お隣との境から見たI-14区画。
販売するにあたり大部分の木を伐採しておりますので、立木は少ない状態です。

本日は薄曇りでしたので富士山は見えませんでしたが、写真の左端には八ヶ岳、
真ん中には富士山、そして右手には日本3大アルプスのひとつ「南アルプス」が
見えます。

写真の真ん中には、日本3大アルプスのもう一つ「中央アルプス」が見えます。

ズームアップしますとこんな感じです。

日当たりが良いので、雪が降っても解けるのが早いので、快適に使えるでしょう。

*HPでは分かり難い事もございますので、是非一度お越し頂ければと思います。

大寒が過ぎても・・・

こんにちは。

先日は暦の上では「大寒」でしたが、この冬はず~~~っと11月中旬のような
陽気のビバルデの丘です。

異常な気候は日本だけではなく、カナダの大雪やインドの大雨からの大雪などと
ニュースでも言っておりましたが、日本も世界遺産の白川郷では雪がほとんど降らず、雪に覆われた合掌造りの町並みを楽しみにしていた観光客もガッカリしてたとニュースで言っていました。

さて今日の午後はビバルデの丘を出て、ビーナスラインの強清水周辺まで行き、
雪の様子を見て来ました。しかし路面に雪は殆ど無く、道路以外の所でも草が見えるほどの感じで、この冬は本当に雪が少ないんだと実感しました。そして空には
雪を降らそうとしている雲が広がり始め、ゆっくりと天気は下り坂に向かっているようです。例年は乾いた雪が降ることがありますが、この冬は気温が高いために
少し湿った雪が降るようにも思えます。

ビバルデの丘は諏訪市市街地と標高差が約800mございます。
市街地が雨でありましても、途中から雪と言う事もありますので、お車でお越しの際には、天候の変化にご注意してお越し下さいませ。

霧ケ峰上空には、西の方から厚い雲が流れ込み始めました。その隙間からわずかではありますが、富士山を見ることが出来ました。

暑い雲は八ヶ岳が壁となり、その手前で雪を降らせるのでしょうか。

別荘地内の道路脇には、無数の動物の足跡を見ることが出来ます。

池のくるみ付近から見た八ヶ岳

雪解けが早いビバルデの丘

こんにちは。

一昨日の晩に降雪があり、ビバルデの丘も真っ白になりました。
とは言え、除雪回数は今日現在で例年の半分です。

長野県の飯山方面でも記録的な雪不足で、毎年開催されている『かまくら祭り』
は、雪が少なく中々かまくらが造れず困っているようです。
『ビバルデの丘』は、もともと雪が少なく晴天率も高い地域で、南側の斜面が
開けているため日照時間も長く、八ヶ岳~富士山~南アルプスの眺望も良いのが
人気の秘密です!

そして除雪を行うと、あっという間に雪が融けてしまうのもポイントです。
写真は『秋の丘 I-9区画』ですが、分譲中のエリアでも比較的標高が低い場所ですが、富士山を挟むように八ヶ岳と南アルプスの眺望が良いのもI-9区画のポイン
トです。

今日は大型重機を使っての除雪作業。昨日に行わなかった区間の除雪です。

除雪しているとこんな光景にも出会えます。

                             2020.01.16 06:45
                             ライブカメラ映像より

昨年10月下旬より稼働している『ビバルデの丘 ライブカメラ』では、24時間
いつでもどこでも美しい景色を眺める事が出来ます。

* 今日現在、別荘地内の道路は殆ど雪がございませんが、ビバルデの丘へ向かう
  道路には、圧雪又は凍結している箇所がございます。

霧ヶ峰高原から見える山々

こんにちは。

今日は厚い雲で蓋をされて日中の気温も上らない霧ヶ峰高原は、無風に近い状態で湿度も低く、時々雪が舞う連休2日目です。

今朝はアクセス道路のチェックも兼ねて、上諏訪の酒蔵の『真澄』前から霧ヶ峰へと来ました。今日現在の路面は、雪もほとんど無く少し乾いている状態でした。
ただ霧ヶ峰高原の強清水付近では、圧雪された雪が凍結している所がいくつかありました。

ビーナスライン強清水交差点から『池のくるみ』方面へと向かうと、厚い雲の隙間から周辺の美しい山々を見る事も出来ました。

ビバルデの丘隣地の『池のくるみ』から見た八ヶ岳

ビバルデの丘隣地の『池のくるみ』から見た南アルプス
中央右手に帯のように少し見えますのが、富士見パノラマスキーで、
その下に見えるのは諏訪郡富士見町周辺です。

ビバルデの丘隣地の『池のくるみ』から見た御嶽山
雲の隙間から太陽の光が差し込み、御嶽山に降り積もった雪を照らしています。

ビバルデの丘隣地の『池のくるみ』から見た中央アルプス
山の麓に見えるのは、伊那市周辺だと思います。

ビバルデの丘隣地の『池のくるみ』から中央アルプス(左)と御嶽山(右)

この冬は雪も少ない日が続いており、道路の雪も例年に比べてもはるかに少ない状態ではありますが、これからの1ヶ月半くらいは降雪の確率も高くなる期間ですので、お越しの際にはご注意下さいませ。

資料ご請求・体験宿泊のお申込み、お問い合わせ・ご相談も承ります。
  • 電話:0120-50-9633
  • 資料請求・お問い合せはこちら
  • 体験宿泊のお申込みはこちら

pagetop

CLOSE X

信州諏訪霧ヶ峰高原別荘地ビバルデの丘

0120-50-9633

CLOSE X