スタッフブログ|八ヶ岳・富士山の見える諏訪霧ヶ峰高原別荘地

月別アーカイブ: 2017年4月

サクラ 咲く

遅れていた桜がこのところの初夏を思わせる陽気に一気に咲き、見頃となりました。花見の名所の賑わいは当然ですが、神社や寺、あちこちの公園や並木も一斉に花開き春の到来を喜ぶ光景が見られました。

サクラ以外でもサンシュユ、ミツバツツジ、スイセン、カタクリ等も見ごろとなっています。外に出て春を感じてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

 

諏訪の名城 高島城

 

 

 

 

 

 

 

 

濃いピンクの八重桜も見事です

高島城は昭和45年に復元されました

諏訪市赤沼のサクラは日露戦争に出征した戦士の無事帰還を祝って植えたそうです

河川敷のスイセンはに地元の方が何年もかけて増やしてきたものです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

芽吹きの季節になりました

 今シーズンは雪が少なく寒さも長続きしませんでした。 寒さのバロメーターでもある諏訪湖の御神渡り(おみわたり)は出来ず 「明けの海」と報告されました。それでも4月に入ってから2度も降雪に見舞われ農家ならずともヤキモキする時期がありました。

ビバルデの丘は5月に入るとカラマツやミズナラの芽吹きが始まり湿った谷筋ではサクラソウやクリンソウが、タニウツギやズミなどが次々に開花します。                                                                          6月になるとレンゲツツジが咲き始めます。オスのキジがなわばりを主張して 甲高く鳴く姿も頻繁に見られます。残雪光る富士山や八ヶ岳、アルプスの山脈が くっきり見ることが出来ます。

厳しかった冬に別れを告げて生命力みなぎる自然の力を感じられる季節がやってきます。

 

 

 

 

 

芽吹きが進む踊場湿原 奥の林がビバルデの丘

 

 

 

 

6月の花レンゲツツジ

 

 

 

 

沢に見られるクリンソウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ニュースレター 春号 完成しました

 私達の別荘地に資料請求いただいたお客様向けに、年4回発行していますニュースレター春号が完成しました。

内容は、ビバルデオーナー様の声、スタッフお勧め区画のご紹介、諏訪の歴史紀行、グルメ、温泉の紹介など今回も盛りだくさんのレターとなりました。全てスタッフの取材、原稿執筆と手作りです。富士山、八ヶ岳の写真もうまく撮影でき、地元スタッフのビバルデの丘と諏訪に対する想いを感じます。

もしご興味あれば、HPから資料請求いただければ発送します。諏訪地域は桜の知らせもちらほらと春めいてきました、今週末は満開となりそうです。

 

 

 

 

 

道路を走り抜けるシカ

4月に入り再び雪に見舞われました、今回は早く融けそうですが、困っているのはシカも同じシカも食糧となる枯葉や草を探すのは大変かと思います。

こういう日はパトロールの途中に出くわすこともあるのでと、カメラを脇に用意して走っていると突然目の前にシカが現れました。

群れが一目散に飛び出しました

10頭ほどの群れが駆け抜ける。あわててフロントガラス越しにシャッター。

高台に避難した群れ。いなくなるまでこちらを注視です。

資料ご請求・体験宿泊のお申込み、お問い合わせ・ご相談も承ります。
  • 電話:0120-50-9633
  • 資料請求・お問い合せはこちら
  • 体験宿泊のお申込みはこちら

pagetop

CLOSE X

信州諏訪霧ヶ峰高原別荘地ビバルデの丘

0120-50-9633

CLOSE X